理研などが加齢によって卵子の異常が起こることが解明

加齢によって卵子も老化するいうことは以前から言われていましたが、その仕組みについて理研やカロリンスカ研究所などの共同チームが一部解明したそうです。年齢が上がってくると卵子のもとになる細胞の染色体が、通常より早く分裂するようになっていたというもので、不妊治療を受けている患者の細胞でも同じことが起きているということです。

(さらに…) «理研などが加齢によって卵子の異常が起こることが解明»” class=”more-link”>(さらに…) > 「理研などが加齢によって卵子の異常が起こることが解明」の続きを読む

進む晩婚化と晩産化で知っておきたい妊娠率低下・不妊症の関係

2014年6月17日の閣議において平成26年度版「少子化社会対策白書」が決定されました。国勢調査のデータでは、平成22年における25歳~29歳の未婚率は昭和55年と比べて36.3ポイント増加の60.3%だということです。この30年間で2倍以上の伸びです。さらに、第1子出産の平均年齢も昭和55年の26.4歳から平成24年は30.3歳へと晩産化も進んでいます。
この晩婚化・晩産化という現象は女性の妊娠率の低下や不妊症リスクの増大などをもたらします。周囲もみんな結婚(出産)していないからという軽い気持ちで結婚・出産を遅らせるのはあまり適切ではないかもしれません。

(さらに…) «進む晩婚化と晩産化で知っておきたい妊娠率低下・不妊症の関係»” class=”more-link”>(さらに…) > 「進む晩婚化と晩産化で知っておきたい妊娠率低下・不妊症の関係」の続きを読む