高齢出産で考えておきたい将来のお金のリスク

高齢出産には生む時のリスクがありますが、それとは別に、将来のお金のリスクも考えておく必要があります。たとえば35歳で子どもを出産した場合、子どもが大学生(20歳ごろ)は両親の年齢が55歳になっているということです。一般に子どもが大学の時期はお金を貯めるのは困難で家計収支がマイナスという家計が多いのも事実。その時期にお金を貯めることができないというのであれば、夫婦の老後の生活に影が差します。

(さらに…) «高齢出産で考えておきたい将来のお金のリスク»” class=”more-link”>(さらに…) > 「高齢出産で考えておきたい将来のお金のリスク」の続きを読む

不妊治療の費用は「医療費控除」が利用できる

不妊治療や出産にかかった費用については「医療費控除」の対象となっています。特に不妊治療は高額な費用がかかる場合も多く、それによる費用負担は大きなものです。この実際にかかった費用が一定額を超えた場合、確定申告をすることで経費として所得控除をすることができます。結果として所得税が払い過ぎたことになり、一部が還付されることになります。また、翌年の住民税もそれに伴い安くなります。
この制度は「自分で申告」しないと使えません。会社勤めの方は「年末調整」をされる方も多いでしょうが、年末調整には対応していないので自分自身で税務署(あるいはネット上のe-Tax)で確定申告をする必要があります。

(さらに…) «不妊治療の費用は「医療費控除」が利用できる»” class=”more-link”>(さらに…) > 「不妊治療の費用は「医療費控除」が利用できる」の続きを読む

不妊治療を始める前に医療保険に加入するべき2つの理由

不妊治療を始めてから医療保険や生命保険などに加入しようと思っても中々加入することができない(加入できる保険が少ない)ということを御存じの方は少ないようです。保険会社によって対応の差はありますが、単なる通院においても加入付加、あるいは条件付きとする保険会社も多いです。すでに開始している場合は別ですが、将来的に検討しているというのであれば事前に医療保険に加入しておくことをおすすめします。

(さらに…) «不妊治療を始める前に医療保険に加入するべき2つの理由»” class=”more-link”>(さらに…) > 「不妊治療を始める前に医療保険に加入するべき2つの理由」の続きを読む

婚活をしても結婚できない年収ギャップとは?

医学的に考えるとヒトは34歳までが妊娠適齢期といえます。しかしながら、「進む晩婚化と晩産化で知っておきたい妊娠率低下・不妊症の関係」の記事でも紹介したとおり、女性の晩婚化、晩産化が進んでいます。この晩婚化、晩産化が結果的に子供を作りにくい、また作れるタイミングが遅くなる理由といえます。近年は「婚活」という言葉もよく使われていますが、なぜ若いうちに結婚しない(できない)のか?という点を今回は考えたいと思います。

(さらに…) «婚活をしても結婚できない年収ギャップとは?»” class=”more-link”>(さらに…) > 「婚活をしても結婚できない年収ギャップとは?」の続きを読む