男性不妊の基礎知識

不妊症といえば女性のことというイメージがまだ根強いですが、現在では不妊症原因の半数近くに男性側要因があると考えられています。近年、「男性不妊」という言葉も聞かれるようにはなってきましたが、社会の認識はまだまだ。でも、男性側要因の実態を考えると、不妊症は決して女性だけが背負うものではなく、その治療も当たり前のこととして、パートナーと2人で臨むのがこれからのスタンダードと言えそうです。

ただし、女性不妊の専門医に比べると、男性不妊の専門医は非常に少ないのが現状です。治療に行きたくても、専門医を見つけられず、治療に踏み込めない人もいます。女性不妊以上に男性不妊への社会の理解が追いついていないのです。

 

「男性不妊」…男性にとっては、ちょっと衝撃的な言葉かもしれません。検査を受け、治療をすることに躊躇される方も多いのでは。でも、男性不妊って、どこで検査して治療するか知っていますか?

婦人科で?…確かにパートナーと一緒に婦人科でも検査はできます。でも、その後、専門的な治療が必要になったら、その治療は泌尿器科で行われるのです。

 

男性の受診が不妊症治療の早道になることも

男性不妊全般の検査、それは女性の検査内容と比べるとはるかに容易なものです。ただ、精子所見に異常が見つかった場合、「特効薬」がないために治療に時間を要することもあります。このため、せっかく女性が長い時間をかけて検査や治療を受けたのに、男性側に要因が見つかり仕切り直しということも実際にあるのです。男性側の早めの受診が不妊症治療の早道といえます。

 

「パートナーと一緒に頑張る!」というつもりで検査してみてもいいかもしれません。パートナーと一緒なら、婦人科でもいいし、まずは1人で行ってみたいという方は、泌尿器科を受診するのがいいかもしれません。ただし、全ての泌尿器科が実施している訳ではありませんので、必ず事前確認は必要です。

 

検査と治療法

泌尿器科で最初に行うのは、陰部の診察、精液検査、ホルモン検査(採血)、超音波検査で体に負担のかかるものはほとんどありません。

 

精液検査を行って精子数(濃度)が基準を満たさない場合を「乏精子症」、精子運動率が基準を満たさない場合を「精子無力症」と言います。精子が全く存在しない「無精子症」では、更に踏み込んだ検査や治療が必要となります。また精子を作る働きとは別に、勃起や射精の機能の問題が関与している場合もあります。

 

精液所見に異常があり、子どもを作りたい希望があれば、先述のように陰部の診察や血液でのホルモン検査などを追加します。陰部の診察では精子容量の計測を行います。また「精索静脈瘤」という不妊の原因になる陰嚢内の疾患があり、これもチェックします。精液中に白血球が多く混入している状況を「膿精子症」といいますが、この場合は「前立腺炎」を起こしていることがあるので前立腺の診察や、抗生物質の投与を行います。精子数の減少は原因不明のことが多く、患者さんの状況に応じて治療を選択していきます。

 

精液検査で精子数の減少や精子運動率の低下が見つかった場合でも、そのほとんどは原因不明のため、有効な治療法が確立されておりません。しかし男性不妊症患者さんの約3割で「精索静脈瘤」という陰嚢内の疾患が見つかることが知られており、これを治療することで精液所見が改善する可能性があります。「精索静脈瘤」は、ほとんどが左側に発生します。静脈血が精巣に向かって逆流を起こすため、精巣の温度が上昇して精子形成能に悪影響を及ぼすと考えられています。静脈瘤は立位での陰部の診察や超音波検査で診断が可能です。

 

治療としては血流の滞りを改善させる作用のある漢方薬を使ったり、手術を行ったりします。治療によって約7割の患者さんで精子数が増加し、約3割で治療をきっかけに妊娠すると報告されています。ただし、静脈瘤の程度や事前の精液検査の所見などによって治療効果に差があるため、治療方針については専門医との相談が必要です。

 

精液中に精子が全くいない状態を「無精子症」と言います。原因は大きく2つあり、精子の通り道が塞がっている場合と、精巣で精子を作る働きが著しく低下している場合とがあります。前者を「閉塞性無精子症」、後者を「非閉塞性無精子症」と呼び、精巣の大きさと血液中のホルモン値によって鑑別が可能です。

 

「閉塞性無精子症」では閉塞部位が確定できれば通り道の再建も検討できますが、近年は精巣内精子採取手術(TESE)という方法が広く行われています。TESEでは精巣を直接切開して組織の一部を取り出し、顕微鏡下に精子を探します。得られた精子はパートナーの卵子に直接注入する顕微授精で妊娠を試みます。もともと精子形成能が低い「非閉塞性無精子症」では、現在のところTESEが唯一の治療法ということになります。

 

しかし実際には精子が回収できないことも多く、また、「無精子症」にも様々な病態が存在しますので、やはり専門医による正確な診断を受けることが肝要です。

 

精子は高熱に弱い?

大人になってからの高熱は、精子をつくる能力にダメージを与えるという話を聞きます。本当にそうなのでしょうか?確かに、精子数の減少を招く原因のひとつに高熱があります。精巣はもともと高温環境に弱いので、インフルエンザや扁桃腺炎などの感染症で高熱が数日続くと精子数が著しく減少することがあります。しかしこの変化は一時的なもので2~3か月すると回復してきます。

 

また、男性が大人になってからおたふくかぜに罹ると精子がいなくなる、という話を聞いたことがあるかもしれません。おたふくかぜウイルス感染は成人では精巣炎の腫れと痛みが数日間続きます。従来はこれによって高率に「無精子症」に移行すると考えられていました。しかし最近では、精巣炎の影響は限局的で、前述の一般感染症と同様に高熱による精巣の障害が主体であり、精子数の減少は一時的であると認識されています。

いずれにしても子づくりを考えている男性は高熱を出さないよう気を付ける必要があります。

(ラ・シゴーニュ取材記事より)

 

The following two tabs change content below.
ツリーオブワン
私どもは、情報誌「ラ・シゴーニュ」を発行し、女性が自己のライフプランを早い段階から考えていくことを提案しております。テーマは、「結婚、出産(不妊)、働き方(ワーク・ライフ・バランス)」です。
ツリーオブワン

最新記事 by ツリーオブワン (全て見る)

13