妊婦さんのための風邪予防の習慣と薬に頼らない治療法

妊娠中は風邪をひいても薬が飲めないので大変です。今回は風邪をひけない妊婦さんのための風邪予防のための生活習慣のアドバイスと、もしも風邪をひいてしまった時に薬に頼らずに治療するためのお勧めの方法について紹介していきます。

なんといっても大切な手洗いとうがい

風邪のウイルスや細菌の感染経路として大きいのが手に付着したものが身体に入ってくるというものです。そのため、外出先から帰宅したらまず手洗いをするということを習慣にしておきましょう。
手洗いは1分間以上、流水を使ってよく洗います。

一緒にうがいもしましょうね。京都大学の研究によるとうがいは水うがいで十分なのだそうです。人ごみは避ける

風邪やインフルエンザなどはやはり、人から人に感染するものです。
人ごみなど、多くの人がいるような場所は風邪やインフルエンザが流行している時期は特に避けるようにした方が良いでしょう。そういう場所に行く時はマスクをするなどして細菌やウイルスが身体に入ってくるのを予防しましょう。

 

冷えは風邪にもNG

赤ちゃんの健やかな成長のためには冷えはよくないと言われています。
この冷えは風邪予防と言う点から考えてもよくありません。冷え性の原因は様々なものが考えられます。日々の生活習慣が大切です。「体をポカポカに!冷え性を改善する4つの方法」などもぜひ参考にしてみてください。

 

十分な睡眠をとる

睡眠は身体の疲れを回復させるとっても大切なものです。米国で行われた実験によると1日の睡眠時間が7時間を下回ると風邪をひく確率が高まるということです。
しっかりとした睡眠をとることが風邪予防には大切です。また、睡眠の質というものもとても大切なことです。

 

免疫力を高める

私たちの身体は、風邪などの病気と闘う免疫機能というものを持っています。

この免疫力が落ちると風邪をひきやすい身体になります。また、風邪をひいてしまったときも免疫力を高めるように身体をサポートしてあげることで早期の回復が期待できます。

 

ビタミンCを始めとした身体の免疫力を高めるような食べ物や飲み物を飲むようにしましょう。
おすすめは「ローズヒップティー」です。ビタミンの爆弾とも呼ばれるローズヒップは豊富なビタミンCが含まれています。ローズヒップのビタミンCは熱にも強いので、お茶にしてもビタミンCが壊れにくいそうです。

ハチミツ等と一緒に飲むと美味しく飲めます。日々のティータイムにどうぞご活用下さい。

また、同じハーブティーの「エキナセア」は抗ウイルス、抗炎症、抗菌作用などがあります。風邪予防はもちろん、風邪のひき始めなどにエキナセアティーを飲むというのは非常にお勧めです。

ローズヒップ (Design with Tea Salon )
エキナセア (Design with Tea Salon)

 

The following two tabs change content below.
妊活マガジン編集部

妊活マガジン編集部

妊活マガジンの編集部です。妊活や妊娠、マタニティライフなどの最新情報やニュース、生活情報などの記事を発信していきます。 生活やお金、制度、法律などの役立つ情報を公開していきますのでよろしくお願いいたします。
1