妊婦さんが妊娠中にカフェイン摂取を控えるべき理由

妊娠中はカフェイン(コーヒーなど)の摂取は控えるべきというのはもはや常識のようになっており、理由はよくわからないけど妊娠中はコーヒーのようにカフェインが多く含まれている飲み物や食べ物は取らない。という方も多いかもしれません。今回は、なぜ妊娠中はカフェインをとるべきではないのか?という点をまとめていきたいと思います。

カフェインは鉄分やカルシウムの吸収を阻害する

鉄分やカルシウムなどは妊娠中の付加量が定められている栄養素です。しかしながら、カフェインを摂取するとこれらを食べても体が吸収するのを阻害してしまいます。

 

鉄分やカルシウムは「妊婦が積極的に取りたい「鉄分」」や「妊娠中のカルシウムの重要性と多く含む食品」でも書かれている通り、ただでさえ摂取量が不足しているミネラル分です。カフェインを摂取することでそうした吸収を阻害してしまうというのはマイナスですよね。

 

カフェインが胎児に与える影響

また、カフェインはお腹の中にいる胎児に対しても悪影響を与えます。
カフェインが胎児に対してどのような影響を与えるのか?

妊娠中のママがカフェインを摂取すると胎盤を通じてそれが赤ちゃんにもわたってしまいます。カフェインは中枢神経を覚醒・興奮させる作用があり、また大人と違ってカフェインを体で処理する能力も低いため負担が大きくなります。
結果として、胎児の発育に対して障害が出たり、死産・流産のリスクが上昇するとも言われています。

 

ただし、これは「大量」にカフェインを摂取する場合です。少々の量であれば大きな影響はありません。
なお、妊婦の場合、1日のカフェイン摂取の目安としては100mg程度までなら、胎児に対してもさほど影響はないと言われています。これはコーヒーカップ1杯に相当する量だと言われています。

 

コーヒー以外にもカフェインが含まれる食べ物、飲み物は多い

じゃあ、コーヒー1杯くらいなら毎日OK?と言われると必ずしもそうではありません。
たとえば、チョコレートやココアなどにもカフェインは含まれます。また、緑茶やウーロン茶といったお茶にもコーヒーほどではありませんがカフェインは含まれています。

 

なるべくカフェインは避けよう

とり過ぎはよくないというカフェイン。胎児への影響が少しでもあるというのでしたら可能な限りカフェインの摂取は控える生活を送るというのが好ましいと言えるでしょう。

もちろん、コーヒーが大好きで飲まないとイライラする、ストレスが貯まるというのであれば飲んだ方がいいです。最近では「カフェインレスコーヒー(デカフェコーヒー)」のようにカフェインが少ないコーヒーも登場しています。昔と比べて味も格段に良くなっています。

 

その他にも、ストレスが貯まるならハーブティーなどのようにカフェインが含まれていない飲み物でリラックスタイムを過ごすというのも良いですね。ただ、ハーブには妊婦さんにとって禁忌のハーブもあります。「マタニティハーブティー」のように妊娠中を想定したブレンドのハーブティーが安心でお勧めです。

 

The following two tabs change content below.
妊活マガジン編集部

妊活マガジン編集部

妊活マガジンの編集部です。妊活や妊娠、マタニティライフなどの最新情報やニュース、生活情報などの記事を発信していきます。 生活やお金、制度、法律などの役立つ情報を公開していきますのでよろしくお願いいたします。
1