タイミング法を気にし過ぎない

卵子の寿命は24時間、精子は3日間。生理周期は28日。 そのとおり。だって、小中学生の保健体育の授業でそう教わった…と思っておられる方がほとんどだと思います。

そして、その情報から、タイミング法で妊娠計画を立てられる方も多いことでしょう。でも、私たちは「数字にあまり捉われない生活をおくって欲しい…」と考えています。それはなぜでしょうか?

タイミング法に固執し過ぎてストレスを貯めては意味がない

卵子の寿命、精子の寿命、生理周期などをもとに妊娠しやすいタイミングを測る「タイミング法」。妊活や不妊においても基本の一つでもありますね。

でも、それを意識しすぎて、夫婦生活がギクシャクしたりストレスを抱えてしまっているという人も多いようです。そんな経験はありませんか?

 

なかなかうまくいかないで12回妊娠できずに1年が経ち、焦りや不安が生まれてきて辛いと感じている方も多数いらっしゃいます。

そんな時、患者さんにお伝えすることがあります。

 

赤ちゃんは予定日どおりには生まれてこないもの。人の寿命も様々。だから卵子や精子の寿命も毎周期同じ寿命とは限らない…と。

こんな風に考える方が理にかなっていると思いませんか?

 

生まれてきたい…と強いエネルギーをもっている卵子や精子は、それぞれの出逢いをお互いが平均寿命を過ぎても待っているかもしれません…

 

子宮内では、様々なドラマや神秘的な運命的なことがおこっているかもしれません…

 

というのも、不意の妊娠に「おかしいのよね~。計算では合わないです…」というケースをしばしば耳にすることがあるからです。

 

先日、50日目にお電話で「うっすらと陽性反応が出た」、58日目に胎嚢確認、65日目に心音確認という経過報告を受けた患者さんがいました。

 

ご本人も信じられない…とまさかの妊娠に嬉しいお声でお話してくださいました。

 

彼女は、体づくりのために、週1回の通院治療と毎日の自宅でのお灸をされていました。

 

ママへの体の準備を整え、今こそ、自分の体を信じて、小さな命を守っておられます。

 

やはり、赤ちゃんはすべてお見通しのような気がします。数字では計れないことを証明してくれています。

 

The following two tabs change content below.
たんぽぽ鍼灸院
福岡市南区長住の鍼灸院です。 当院では、カラダが持っている本来の力… 自然治癒力を高めること、不安から安心になること、そして体を信じることができるように、患者さんのココロと身体に寄り添いながら優しい治療でお手伝いしていきます。
12