いつか産みたいと考える女性が今知っておくべきこと

もしあなたが、「いつかは子供を産みたい」と考えているのであれば、「妊娠するための知識」をしっかりと理解しておくことが大切です。日本人は先進国の中でも「妊娠に関する知識」が低いという調査結果もでています。いつかは産みたいという方が、その時になってあの時こうしていれば…。と後悔しない為にも、妊娠するための基本は抑えておきましょう。

卵子は老化する(妊娠のタイムリミット)

卵子が老化するという話を耳にした方も多いのではないでしょうか?
女性が年を重ねるのと同じように卵子も年を重ねていきます。卵子が老化してしまうとその分、妊娠率も低下してしまいます。

老化してしまった卵子を若返らせる方法というものは見つかっていません
しかしながら、卵子の老化を予防することはできます。規則正しい生活習慣、食生活、適度な運動、ストレスを貯め過ぎない、やせ過ぎや太り過ぎの予防などが大切です。

ですから、実年齢は若くても卵子がかなり老化してしまっている方もいますし、逆に実年齢はある程度高くても卵子が若いという状態の方もいます。

ただし、基本的には加齢とともに卵子は老化していくということを知っておき、女性が妊娠・出産するためには個人差はあるものの「タイムリミット」が設定されているということは知っておく必要があります。

その上で、いつかは産みたいと考えているのであれば、いつでも産めると考えるのではなく、自分のキャリアやライフスタイルと年齢とを考えた上でキャリアや結婚といったライフプランを考える必要がありそうです。

The following two tabs change content below.
妊活マガジン編集部

妊活マガジン編集部

妊活マガジンの編集部です。妊活や妊娠、マタニティライフなどの最新情報やニュース、生活情報などの記事を発信していきます。 生活やお金、制度、法律などの役立つ情報を公開していきますのでよろしくお願いいたします。
1