歯の数と種類から考えるバランスの良い食生活

バランスのよい食生活は大切ということはよく言われています。そのバランスってどのように考えたらいいと思いますか?人は物を食べる時、必ず歯を使います。この歯の数と種類を考えることで人が本来食べるべき食べ物のバランスが分かります。

<<歯の種類とそれぞれの役割と食べ物のバランス>>

ヒトの歯は上下合わせて32本あります。
・大臼歯・小臼歯:20本
・犬歯:4本
・門歯:8本

 

この歯のうち、臼歯は穀物を食べるのに適しています。また、犬歯は肉類に適しており門歯は野菜や果物を食べるのに向いています。

歯の本数でバランスを考えると穀物が5、野菜・果物が2、肉・魚が1という5:2:1の割合となります。歯の数というものが、何を食べれば良いのかを教えてくれているわけです。

 

このバランスに沿った食生活を送ることができれば何も問題はないのですが、どうしても人は欲望が強く、口に美味しいものを食べるため主食よりも副食をとり過ぎます。
結果、バランスが崩れて病気を起こしてしまうわけです。

 

また、食事のバランスについて考える時、大切な考えとして「食べ物の陰陽」というものがあります。こちらについても知っておくとかなり応用がききます。「食べ物の陰陽について理解しよう」の記事をご覧ください。

The following two tabs change content below.
南風鍼灸院
博多区美野島の鍼灸院です。特に妊婦さんの逆子のお灸と安産のお灸に力を入れています。 もちろん、不妊症の方にも体質改善、食事指導、健康指導、鍼灸治療を行ってあらゆる方面からアプローチを行っていきます。 経絡治療という治療形態でほとんど刺さない鍼ですので、初めての方も安心して受けられます。 Profile:南風鍼灸院
3