不妊治療を始める前に医療保険に加入するべき2つの理由

不妊治療を始めてから医療保険や生命保険などに加入しようと思っても中々加入することができない(加入できる保険が少ない)ということを御存じの方は少ないようです。保険会社によって対応の差はありますが、単なる通院においても加入付加、あるいは条件付きとする保険会社も多いです。すでに開始している場合は別ですが、将来的に検討しているというのであれば事前に医療保険に加入しておくことをおすすめします。

不妊治療開始を理由に保険に加入できないって知ってた?

これって意外と知らない方も多いようです。
加入できたとしても「子宮関係の保障なし」といったように保障内容に制限が加えられる場合も多いのです。

ですから、もしも今後、不妊治療をするこをと検討するかも。という状況になったら事前に医療保険へと加入しておくことをおすすめします。もちろん、医療保険など必要ないと考えるのであれば別ですが、不妊治療やその後の妊娠、出産の間はどうしても手術をするリスクなどが上がります。

生命保険・医療保険は「損」をする金融商品(Money Lifehack)」などでも触れられていますが、保険というのは本来は期待値で考えると損をする商品となっています。

しかしながら、妊娠から出産の間は基本的に母体にとっては健康上のリスクが伴います。
妊活(不妊治療)を始めてそれから妊娠、出産をひかえている状況は通常の状態よりも医療保険などの保険のお世話になる確率も高いといえます。

たとえば、不妊治療を行うにあたって手術が必要になるかもしれません。また、不妊治療を行い無事妊娠できたとしても、帝王切開などの手術が必要になる可能性だってあります。
そうしたとき医療保険に入っていればこうした時にかかる費用についての給付を受けることができます。

 

入りたくても入れない」「不妊治療、妊娠、出産の過程で保険のお世話になる可能性がある」という2点を考えると「不妊治療を開始する前に医療保険に入っておく」ということは一つの選択肢として考えておくべきことだと思います。

 

 

不妊治療を受けることを決めていても入れるの?

大事なポイントは医師にかかったかどうかです。
ですから、あなたが個人的に「2年たっても子供ができない。そろそろ不妊治療を受けることを考えようかしら。」と考えていて不妊治療を開始することを決めていたとしても、それについて告知義務はありません。

その一方で婦人科等に通院しており、不妊治療について医師に相談をしていたような場合は告知が必要になります。
通院を行った場合にはその事実を告知する必要があります。そうした場合、具体的なな不妊治療は行っていないという場合であっても、加入に制限が付く可能性が高いです。

かといって、通院していないなどとうそをつくのは「告知義務違反」といって最悪、保険受け取れなくなる可能性だってあります。
参考:告知義務違反が発覚した時の保険会社の対応と時効

 

もしもあなたが不妊治療を「検討」している段階であり、まだ医療保険に入っていないという場合は前向きに保険を検討する価値はあると思います。

The following two tabs change content below.
妊活マガジン編集部

妊活マガジン編集部

妊活マガジンの編集部です。妊活や妊娠、マタニティライフなどの最新情報やニュース、生活情報などの記事を発信していきます。 生活やお金、制度、法律などの役立つ情報を公開していきますのでよろしくお願いいたします。
1